1. HOME > 
  2. 有朋会紹介 > 
  3. 部門の紹介 > 
  4. 看護部

有朋会紹介

看護部

看護部からのごあいさつ

「こころの悩みに応える」「こころの健康を向上させる」
そのために何ができるのかを常に真摯に考え、患者様やご家族様に誠実に応えていきたいと考えております。それが看護者としての私達の希いです。患者様の不安や悩み、苦しみを優しく受け止め、共感できる豊かな感性と人間性を育むこと、そして高い専門知識と能力を培うことは、最も大切な当院の看護理念です。そのような人が育つための様々な角度からの教育体制づくりに情熱を持って取り組んでおります。

看護部理念

ひとりひとりを尊重し、
その人がその人らしくあるための看護・介護をご提供します。

方針

  1. 患者様に満足していただける、安心で安全な看護の実践
  2. コスト意識をもった看護の実践
  3. 働きやすい職場環境づくり

看護部スローガン

プロとして大切にしたい看護の心

『互いに思いやり、助け合って共に成長しよう』

病院理念に「質の高い医療をご提供します」とあります。その実現に向け、高い専門能力を培うための教育と支援は、法人として積極的に取り組んでいるところです。自分が何をしたいのか、求めているものに応えてくれます。また、それらの能力が十分に発揮できるよう、温かな雰囲気で働きやすい職場環境を目指し、接遇を基本にスタッフそれぞれが努めております。

看護部責任者からのあいさつ

私たち有朋会の使命は、“患者様やご利用者様、ご家族の「こころ」に暖かな明かりを灯すこと”です。一口に「こころ」と言っても、その人やご家族の抱える悩みは様々です。そこで私たちは、急性期医療・社会復帰支援・認知症ケアの3つを柱に、地域の皆様のニーズに合わせて、ひとつひとつ丁寧に、その人に合った支援を行って参ります。

また、私たちは治療・支援の質を高めるため、定期的に院内研修会を開催しています。適切な治療・支援を行うことで、患者様だけではなく、職員にとっても安全で安心できる法人でありたいと思っています。これからも皆様のこころに明かりを灯し、「ほっと」した気持ちを感じていただくことで、私たち自身も活力になるような風土をつくっていけるよう、頑張って参ります。

医療管理部長 綿引英雄

多職種連携による支援

入院から退院、さらに退院後まで支援することが、私たちの使命と考えております。入院中は多職種で連携することにより一人ひとりの患者様・ご家族様に様々な角度から幅広い支援が出来るように努めております。

そして、退院後は訪問看護や社会復帰施設(くりの実、くりの木、くりくり、川村アパート)を利用していただきながら、地域での生活支援に取り組んでおります。何事においても、常に患者様・ご家族様と共にあることを考えております。
→社会復帰施設

看護学生実習生受け入れ校

  • 茨城北西看護専門学校
  • 水戸看護福祉専門学校

病棟ミーティング

院内教育および研修

看護部では精神科が初めての方でもスムーズに現場に入れるように様々な新人研修を行っております。精神疾患に対する基礎知識から、関連法令まで他職種による教育が行われております。
→看護部研修制度について

新人研修
新人オリエンテーション 有朋会の理念・事業概要を知る
接遇・ホットカード研修
(実務編)
接遇の基本を身につける
精神疾患と看護の技術
作業療法士の役割
精神疾患を理解し、患者との関わりの基礎を身につける
現場における医療安全と
行動制限最小化について
精神科におけるリスクマネジメントと行動制限最小化について理解し隔離拘束の看護と技術を学ぶ
精神保健福祉法と倫理
精神保健福祉士の役割
精神科医療に関わる法と倫理を学ぶ

看護部では質の高い看護の実践のために定期的に現任研修を行い、個々人のレベルアップを目指しています。

現任研修
定例勉強会 精神科の専門知識を学ぶ
研修報告会 外部研修で獲得した知識を持ち帰り、伝達します
事例検討会 精神科看護を深める(外部講師3回/年)
看護研究 毎年、創立記念日に全部署発表を行います。
日本精神科看護技術協会支部・全国発表
(平成20年度 大分大会で発表)
スキルアップ研修 自己成長、患者様の満足の向上、各部署の連携を目指したスキルを学ぶ

院外研修

自己研鑽に意欲のある職員への積極的支援体制をしいております。
日本精神科看護協会主催研修・看護協会主催研修・各種セミナー・学会参加など