1. HOME > 
  2. 有朋会紹介 > 
  3. 部門の紹介 > 
  4. 作業療法部

有朋会紹介

作業療法部

一人ひとりの治療時間軸を重視したプログラム展開
入院〜退院までを1本の軸で考えた場合、入院したばかりの患者様と退院間近の患者様では、ご提供される治療は同一ではありません。また、それは病棟単位で完結するものでもありません。作業療法では、その患者様のライフステージや治療過程の軸を意識し、各時期に合わせた治療グループを展開しています。

入院初期〜

病棟内作業療法

OT室で作業療法をご提供するにとどまらず、各病棟の機能に合わせて積極的に病棟の中で作業療法を展開するスタイルをとっています。そうすることにより、できる限り早期から介入を開始し、患者様の入院治療全体を把握したアプローチを可能にしています。また、他職種との情報共有もスムーズになり、治療のベースになっています。

入院中期〜退院

各患者様に応じた目的別プログラム

より患者様の治療過程に沿ったアプローチを重視し、午後のプログラムでは病棟単位の垣根を越えた総合的な治療グループを形成しています。治療グループは、作業療法士だけでなく、医師・看護師・薬剤師・精神保健福祉士・臨床心理士など他職種チームで運営しているものもあり、チーム医療が実践されています。作業療法では、患者様のライフステージに焦点を当てた目的別プログラムを各種実施しています。

入院治療と外来治療の融合

精神科の治療は、退院した時点で終了ではありません。退院後も治療は継続されます。その治療の流れをスムーズにする意味もあり、入院中の患者様が外来リハビリテーションや自立訓練事業所(くりの実)のプログラムに参加することが可能です。入院中からそのようなプログラムに参加することで、退院後のスムーズな治療継続につながっています。

チーム医療における作業療法士の役割

外来リハビリテーション

外来リハビリテーションを利用する方々は、様々な課題を持ちながらも地域で生活している方です。外来リハビリテーションは、利用されている方が地域の中で“その人らしく”生活できるよう、サポートしたいと考えています。その中で作業療法士は、その人らしさを評価し、どんな支援が必要かを考え、介入を行っています。支援の中には個別の介入はもちろん、グループを利用した支援も含まれます。それぞれの課題やライフステージを踏まえたグループを活用することで、より良い支援をご提供したいと考えています。
→外来リハビリテーション

外来リハビリテーション責任者:坂元 勇斗

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションは平成21年から作業療法士が常勤として配属されました。それ以前は訪問看護として、看護師が中心となり、地域の方へ医療をご提供してきました。今は看護師のほかに作業療法士、精神保健福祉士も配属され、チームとして多角的なサービスをご提供しようと努力しています。

その中での作業療法士の役割としては、その方の持っている希望を把握し、自分らしく生きられるように、その方の能力・技能を理解し、その人らしい生活をイメージする事と考えます。そして、その理解を訪問リハビリテーションチームで共有し、チームがその方らしく生きられるような支援ができるよう作業療法士としての視点をチームに反映することであると考えています。もちろん、具体的に生活訓練を行うことも重要な役割であると思います。

訪問リハビリテーション責任者:高橋 功樹

認知症治療病棟

認知症治療病棟では、病棟の生活の流れに沿って患者様と一日を共に過ごします。まず、集団活動では、生活のリズムを整えたり目的のある時間を過ごすことなどを目的に、レクリエーション・音楽療法・創作活動などを行っています。

その他に個別対応として、その方の生活のしづらさを評価・改善することを目的に、身体リハ・排泄や食事の介助・環境調整などを行います。入院生活だけではなく、次の生活の場でもその方らしい生活が送れるような環境を考えることが私たちの大切な役割になります。
→認知症治療病棟

認知症治療病棟:山本 一貴

その他、各種治療プログラム

当院では、こころの教室(心理教育)や家族教室などの各種治療プログラムに作業療法士が参加しています。これらは、様々な部署・職種のスタッフから構成されているプログラムです。

こころの教室

こころの教室は自分の病気について理解を深め『自ら病気と向き合っていけるようになる』ことを目的としたプログラムです。セッションは全部で7回あり、症状や服薬などについて理解を深め、患者様同士で話し合える場となっています。スタッフは看護師、薬剤師、臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士の5名で取り組んでいます。

作業療法士は全ての回に参加し、グループの中でファシリテーター的な役割を果たしています。また、病棟や作業療法場面の様子を他職種に伝え、介入の一助になればと思っています。

作業療法部:櫻井 美来

家族教室

家族教室は、精神保健福祉士3名、作業療法士2名が担当しており、患者様との関わり方についての講義や、グループワークなどを行っています。悩みに対する解決策をスタッフに求めてくるご家族様も多いですが、できるだけ家族間で体験談や意見を出し合ってもらうことで、自分たち自身で考え、全体の悩みとして共有できる場になるよう心がけています。

また、そこで得られた家族の関わり方や患者様に対する思いなどを、カンファレンスや他のプログラムの場で他職種に伝え、患者様のフィードバックへと繋げるようにしています。

作業療法部:寺沼 由紀

作業療法部 責任者

健康的な生活を送るためには、身の周りのこと、働くこと、休むこと、楽しむこと、人と関わることがバランスよく行われていることが大切です。病によって失われがちな生活や文化的うるおいを、日常生活の中で当たり前にある仕事や趣味などを通して、潜在的能力や楽しみを引き出していけるように、作業療法を展開していきたいと思います。

責任者 樋山 慶樹

実習受け入れ実績

  • 茨城県立医療大学
  • 国際医療福祉大学
  • 山形医療技術専門学校