1. HOME > 
  2. こころの病気に関する治療・ご相談 > 
  3. リハビリテーションについて > 
  4. うつの方へのサポート > 
  5. うつデイケア

こころの病気に関する治療・ご相談

うつデイケア

対象となる方

  • うつ病の診断を受けている方(適応障害、人格障害の方は除く)
  • プログラム参加について主治医の許可がある方
  • その他、プログラム利用にあたって支障がない方

目的&メリット

同じ悩みを持っている方同士で交流を持ち、励ましあうことができる

同じ悩みを抱えている仲間同士が交流することで、「悩みを持っているのは自分だけではない」と思えてくるものです。

生活リズムの調整と基礎能力の改善を目指す

家に閉じこもりがちな方や昼夜逆転してしまう生活を送っている方も、決まった時間に起きて通所することで生活リズムが整います。

安心してくつろげ、いつでも相談のできる場所のご提供

「家にいてもどうやって過ごしたら良いかわからない」という方も、同じ悩みを持っている仲間がいる場所なら、安心してくつろげます。また、職員が相談にのり、問題解決の糸口を一緒に探していきます。

開催日

曜日 水曜日、土曜日
時間 9:30〜12:30
祝祭日はお休みです。

※プログラムは精神科ショートケアのプログラムになります。

内容

時間 内容
9:30〜 1週間の振り返り
10:30〜 グループミーティング
11:40〜 活動
12:30 終了

1週間の振り返り

5〜6人のグループで1週間をどう過ごしたか、気分はどうだったかを振り返ります。その中で、気分の波に目を向け、うつ気分を客観的にとらえる練習を行います。また、月ごとにそれぞれに目標を立て、自身の課題を見つめなおすことも行います。

グループミーティング

参加者全員でミーティングを行います。テーマは毎回参加者で決め、それぞれが考え、自己表現する場としています。ミーティングをする中で、自分の考えを表現したり、他人の考えを聞き、視野を広げることを目指します。

プログラム

リラクゼーションや手工芸
集中力、持続力の回復を目指します。

軽スポーツ
適度な有酸素運動を実施することで、不安の軽減や体力の回復を目指します。また、リラックスの大切さと効果を学びます。

料理
同じ目的をもって実施するグループ活動は、集団の中での自己主張の機会を増やします。また、達成感も得られやすくなります。おいしく料理を完成させることも大切ですが、その過程が最も大切です。

申し込みまでの流れ

当院を受診されている患者様へ

  1. 受診時等に主治医にうつ病デイケア参加の確認をしてください。
  2. うつ病デイケアスタッフが詳しい内容を説明いたします。
  3. プログラムを見学することもできます。
  4. 登録の手続きを行います。

当院以外(他医院・クリニック等)を受診されている患者様へ

  1. 受診先の主治医にうつ病デイケア参加の確認をしてください。
  2. 電話で当院にお問い合わせください。
  3. プログラムを見学することもできます。
  4. 利用にあたっては、主治医が記入した指示箋と診療情報提供書が必要となります。
    ※指示箋は当院ホームページから取得できます。
    →指示箋ダウンロード
  5. ご来院していただき、登録の手続きを行います。
    ご利用にあたってご不明な点がございましたら、スタッフまでお気軽にご相談ください。

費用

時間 9:30〜12:30
3時間
9:30〜12:30
3時間
利用料金 手帳あり (1割負担)420円
※自立支援医療あり
(1割負担)420円
※自立支援医療あり
手帳なし (3割負担)1,260円
※自立支援医療なし
(3割負担)1,260円
※自立支援医療なし

※期間により金額に多少の変動もありますのでご了承ください。
手帳(自立支援医療自己負担上限管理表)をお持ちの方は、所得に応じた自己負担の上限があり、上限に達した方は翌月までの自己負担が0円になります。

自立支援医療自己負担上限額管理表について

この制度を利用すると、医療費の10%を自己負担分として支払うことになります。制度を利用した場合、リワークデイケアの利用料は1回当たり390円となります。

  • 世帯での住民税の課税状況により、医療機関に支払う自己負担額には、1ヶ月当たりの上限金額が設定され、月々の支払いはその金額以内とされています。
  • 上限金額は、1ヶ月あたり2,500円、5,000円、10,000円、20,000円に設定されます。
  • 指定医療機関の外来受診、薬局、リワークデイケアなど全ての料金を合計して上限に達した時点で、その月の自己負担がなくなります。
  • 有効期間は1年です。

申請方法

申請書は、市町村(精神保健福祉担当課)に設置されています。申請の際、診断書の添付が必要となります。診断書は外来窓口にて受付しています。

受け取りまで約10日前後かかります。診断書の料金は5,000円(当院)となります。市町村によりばらつきはありますが、申請の約2ヶ月後に自立支援医療自己負担上限額管理表(黄緑色の手帳)が交付されます。

ただし、手帳が届くまでの間は3割負担となります。手帳が発行されましたら、領収書と共に病院に持参してください。自立支援医療が受理された日にさかのぼって2割分を返金いたします。薬局も同様です。